ベルギーの現地公立校

ベルギーの教育政策は、『フラマン語共同体』、『フランス語共同体』、『ドイツ語共同体』が、それぞれ独立して権限を持っていて、共同体ごとに学校での公用語が別れています。

ブリュッセル市は、フラマン語、フランス語両共同体が同時に管轄するバイリンガル地区なので、フラマン(オランダ)語とフランス語の学校が混在しています。

公立の中には、宗教立(キリスト教)と一般公立がありますが、どちらも国からの援助を受けていて学費は無料です。

現地公立校の基本情報

学校年度: 9月1日から翌年6月30日まで
入学資格:生年月日が当該年の1月1日から12月31日生まれ
義務教育1: 6歳~12歳 (école primaire 小学校)
*6歳になる年の年度開始 (9月)に入学します。
義務教育2:12歳~18歳 (école secondaire 中高校)
学区:なし、自由選択制
学費: 原則として無料。給食、ギャルドリー (時間外保育)、遠足、課外授業など別途費用がかかるものもあります。
授業日: 月~金の完全週5日制。水曜日は午前のみ

小学校について

義務教育として、成績や、出席日数については日本より厳しく管理されています。成績優秀児童の飛び級や、学年の水準に達していないと判断された児童の留年もあります。

原則として、学習サイクル(1-2年、3-4年、5-6年の3サイクル)の途中の転校は、年度初めであっても、転居などの必要条件があります。

日本人など、フランス語とオランダ語圏以外の地域からの転入児童については、学校と相談の上、年齢よりも学年を1~2学年下げて編入できるケースもあります。

中等学校について

中・高6年間が一貫教育になっています。ベルギーでは中等学校終了までが義務教育です。
学校自体に、一般コース(大学進学)、芸術コース(美術や音楽)、実科コース(専門学校)、職業コースなどのコースの有無があります。
一般コースでも、中学2〜3年時から、将来の進路希望によって選択科目制がはじまります。

休暇

1年間に3.5ヶ月程度の休暇があります。

  • 9月27日フランス語共同体の記念日 フランス語の幼稚園学校のみ
  • 10月末〜11月初旬の1週間 秋期休暇
  • 12月下旬〜1月初旬の2週間 冬期休暇
  • 2月〜3月初旬に1週間 休息(カーニバル)休暇
  • 3~4月に約2週間 春期(イースター)休暇
  • 7月、8月の2ヶ月 夏期休暇

この他に、職員勉強会 (conférence pédagogique) のための休校日が年間数日あります。

現地校のリスト
BE NAVI編集部がまとめた、日本人が多く住む地域の現地校リストはこちらです。
現地校リストは、各コミューンのホームページにも公開されています。

広告