ベルギーでの教育

クマ海外で生活する上での大きな心配事のひとつに『子どもの教育』があります。
言語、習慣に不慣れな外国で、教育に関する情報を収集することは簡単ではありません。

多くの選択肢から、どういった幼稚園や学校が子どもにとってより良いのか、年齢、性格、そして滞在年数を踏まえ選択していかなければなりません。

それぞれの学校には特色がありますので、まわりの口コミ情報だけでなく、ぜひ見学して家庭の方針や子どもの性格や希望に合った学校を見つけてください。

幼稚園
  • フランス語かオランダ語の現地公立校(参考リスト)
  • インターナショナルスクールやモンテッソーリなどプライベートスクール(参考リスト)
  • ブラッセル日本人幼稚園 (URL)

現地公立幼稚園には駐在家庭も含め、多くの日本人の子どもたちが通っています。家の近隣であること、学費がほとんどかからないこと、2歳半から通園できることなどの利点があります。

インターナショナルスクールやモンテッソーリなどプライベートスクールには、ベルギーに滞在する多くの外国人子女が通っています。ほとんどが英語による保育ですが、フランス語と英語のバイリンガル保育が行なわれている幼稚園もあります。

ブラッセル日本人幼稚園は私立の幼稚園で、文科省の管轄する日本人小中学校とは関係ありません。

小学校、中学校
  • ブラッセル日本人学校 (URL)
  • インターナショナルスクールやモンテッソーリなどプライベートスクール
  • フランス語かオランダ語の現地公立校

日本人学校には小学校と中学校が同一建物内に併設されており、毎年250人以上が通学しています。

現地公立校は幼稚園、小中学校が併設の場合と、個別の場合があります。フランドル地方では、フラマン語による教育、ワロン地方ではフランス語による教育、そしてブリュッセルでは両方の学校から自由に選択することができます。

また、日本人学校には、毎週土曜日のみ授業が行なわれる日本人学校土曜日補習校があります。平日は現地校やインターナショナルスクールに通学し、土曜日は補習校で国語・数学・社会を日本語で学習している児童生徒は毎年200人以上います。

高等学校
  • インターナショナルスクールやモンテッソーリなどプライベートスクール
  • フランス語かオランダ語の現地公立校

現地校やインターナショナルスクールは多くの場合、中学と高校の一貫教育が行なわれています。

日本語による教育を行っている学校はありません。

広告