2017年より改定、ブリュッセルの家庭ゴミの捨て方

sac_orange

2017年1月より、ブリュッセルの家庭ゴミの捨て方が一部変更になります。
大きく変わるのが、生ゴミ。

今までリサイクルできない家庭ゴミとして白色のゴミ袋で収集されていた生ゴミ(食品廃棄物)をオレンジ色のゴミ袋に分別することになります。
対象となるゴミは、野菜や果物の皮、食べ残しの食品、ティーバッグ、コーヒー(豆かす)、ペーパータオル、ペーパーナプキンなどです。

対象外は、貝がら、骨(さかな、肉)、たまごの殻などです。
分別することによって、リサイクルできない家庭ゴミ(白色)を減らし、堆肥として再生利用しようという目的です。
詳しい内容は、こちら。

また、今まで隔週収集だったリサイクルゴミの黄色(紙類)と青色(缶・プラスチック容器)が、毎週収集されます。

住所によっては、ゴミの収集曜日、時間が変更になる場合もありますので、ブリュッセル清掃局(Bruxelles Propreté)から各家庭に配られている資料を確認ください。
ブリュッセル清掃局のサイトからも、コミューンごとのPDF資料がダウンロードできます。
Your collections days for 2017

専用のゴミ置き場でまとめて収集されている集合住宅では、その建物のルールに則ってゴミを捨てることになります。新ルールについて張り紙がされているかもしれませんので、見落とさないように気をつけてください。不明な場合は管理会社や大家さんに確認してください。