ストッケル案内

stockel1

ストッケルは、ウォルウェ=サン=ピエール、クライネム、ウェーゼンベーク=オッペムという3つのコミューンの境界が重なる地区で、オーデルゲムの日本人学校周辺に次いで、日本人居住者人口の多い地区です。(左地図の右端、オレンジの部分がウォルエ=サン=ピエールで、その右にクライネム、ウェーゼンベーク=オッペムと続く)

どうしてストッケル?

日本人のご近所さんになぜここに住むことにした?と尋ねるとまず返ってくる答えが「地下鉄駅から近いから」。4本しか地下鉄のないブリュッセル市ですが、そのうちの一本が都心とここストッケルをつないでいます。

ですが、駅徒歩2分、とか駅近、と聞くとポジティブに反応するのは日本人的発想かも? 実はこの地下鉄、あんまり使うことはないのです。都心まで行くべき用事はさほどなく、通勤する旦那方はほとんどが車通勤。住み始めてから、あれっ?て感じです。それでも、市バスやトラムの停留所もあちこちにあり、やっぱり駅近は交通的に便利です。

stockel2

第二の理由はやっぱり住宅事情
ストッケル駅まで地下鉄が開通したのが1980年代末で、それまでは農地や野原のほうが目立つ地域だったところがその後急速に宅地化し、低層小規模の集合住宅の開発が進んだのは2000年代になってから。
だから、この周辺には日本人になじみ易い、新築〜築10年までのいわゆるマンション形式の賃貸住宅が大小とりまぜてふんだんにあります。
例えば周辺道路をふらりと歩いたりドライブするだけで、あっちにもこっちにも、貸し物件、売り物件の看板がたくさん目につき、不動産を探すのが結構ラクです。

英語で生活できる!

そして、賃貸住宅の多さからか、この辺りには日本人だけでなく、ベルギーに中短期滞在の外国人駐在ファミリーが多く、本来はフランス語とオランダ語が公用語のはずなのに英語がよく話されています!
住み始めた頃、お店やレストランに入ると、こわごわと習ったばかりのフランス語で口を開くより先に「ハロー!」と英語で挨拶されてびっくりすることが結構ありました。区役所でももちろん英語対応してもらえますし、地元幼稚園には外国人が多く、たとえ先生がちょっと英語に弱くても、お母さん同士で英語で助け合う、なんていう風景をよく見かけます。

お買い物も便利

ストッケル在住だとお買い物もとても便利です。駅ビルの中にはこぢんまりとしている割に何でも揃うスーパーマーケット「Match マッチ」や各種専門店があり、有名どころのチョコレート屋さんやワイン専門店、おしゃれなブティックも徒歩圏内に散在。

駅前のデュモン広場には週に3回マルシェ(市場)が立ちます。日本人が多いからなのか、その店があるから日本人が集まるのか、チキンエッグの関係は定かではありませんが、日本語の通じる肉屋が出店し、薄切りや骨なしなど、他の地域のマルシェでは得られない、かゆいところに手の届くサービスを受けられるのも大満足。

洗剤や紙製品、電化製品などのノンフードや飲料水、ビールなど、大きめの買い物には車で数分のクライネムのカルフールセンターへ。デレーズ、カルフールの2大スーパーと、ホームセンターBricoが同じ敷地内にどかんと並び、あっという間に必要なものがゲットできます。

利点だけどちょっと難点?

stockel3

最後にストッケルの良さは空港への距離。ブリュッセル国際空港までわずか5キロ程。「今着いたよ〜」という出張から戻って飛行機着陸時の旦那のコールから、わずか30分でもう「ただいまぁ」と自宅へ着いてしまう近さ。あれ?夕飯の準備まだなのにぃ‥と慌てることが何度かありました。

でも、家族旅行で疲れ果て、機内で爆睡していた子どもたちを叩き起こして空港に着いた時は、あと30分でもう家に着く、と思うとかなりホッとするのも事実です。

ただし、空港が近いということは、頭上を離発着の飛行機が低く行き交うということなので、音に敏感な方はちょっと要注意。特にバカンスの最初と最後(たいてい週末)には、普段はない早朝深夜のチャーター便の発着がラッシュになるので、おちおち寝てられないってこともあります。鈍感な私は結構すぐ慣れましたが(笑)